マインドフルネス速読で取得しやすくなる?!40代からおすすめの資格

マインドフルネス速読で取得しやすくなる?!40代からおすすめの資格

マインドフルネス速読の考案者黒石先生はたくさんの資格をお持ちですが、マインドフルネス速読で脳を最大限に活性化すれば皆さんも資格の勉強がより効率的になる可能性があります。

そこで40代50代のまだまだ働きたい方や転職を目指している方におすすめしたい資格について調べてみました。

マインドフルネス速読の公式HPへ

おすすめの4つの資格

それでは私が個人的におすすめしたい資格4つをご紹介させていただきます。

介護職員初任者研修

介護業界で人の役に立ちたいと思う方にとっておすすめなのが介護職員初任者研修です。

これは以前のホームヘルバー2級相当にあたる資格で、今後日本は高齢化社会が進んでいきますので、この資格があれば非常に有利だと思います。

資格の取得には講習を受ける必要もありますが、直接人と触れ合うことができるのでやりがいを感じることができますし、マインドフルネス速読で向上したコミュニケーション能力も役に立つかもしれません。

社会保険労務士

社会保険労務士は企業で働く従業員の雇用や労働に関わる業務を行います。労働保険や社会保険など様々な事務業務があり、いわば年金や社会保険のスペシャリストだと言えます。

また社労士業は社労士にしかできない仕事なので、そこに大きなやりがいを感じることもできます。

資格を取るだけでは仕事につながらないという声もあるようですが、仕事の可能性も広がっているようなので、興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは家計の収支を客観的に評価して、適切にアドバイスをする仕事です。国家資格のFP技能士と民間資格のAFP,CFPというものがあります。

節約などにも関わるので自分の家庭にも役立てることができる資格ですね。もちろんキャリアアップのために役立てたいと思っている方にもおすすめできる資格です。

中小企業診断士

中小企業診断士は中小企業を対象に経営全般にわたって調査分析を行い、改善方法をアドバイスする仕事で、ビジネス関連資格で上位の人気資格です。

合格には最低1000時間の勉強が必要と言われており、気軽にチャレンジするような資格ではないかもしれません。

マインドフルネス速読を習得したことで資格の勉強に役立つことはたくさんあると思いますし、もし何か大きなことにチャレンジしてみたいという気持ちが強い方は詳しく調べてみてもらえたらと思います。

この他にも趣味に関するものなど、様々な資格があります。皆さんもマインドフルネス速読で脳の最大限に活用しながら、資格の取得に役立ててみてはいかがでしょうか。

マインドフルネス速読の公式HPへ TOPページを見る